2021年01月28日

松過ぎの又(また)も光陰矢の如(ごと)く

寒中お見舞い申し上げます。

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?


あっという間に年が明け、新春の挨拶もそこそこに

松の内も去っていきました。

「松過ぎの又(また)も光陰矢の如(ごと)く※」 さながら

新年の喜びを残しつつも、日々の生活が戻ってきました。

hirota.jpg

※引用 高浜虚子 俳句


さて、今年のお正月を振り返ってみましょう。


お正月といっても

例年のようにご家族様が訪問され、みんなでお祝いが出来ませんでした。

だけど、

お顔が見れなくても、言葉を交わせなくても、

遠い家族に想いを馳せ、お互いに実りある一年になるよう祈り合う。

そんなお正月になりましたね。

形が変わっても、時代が変わっても、家族を思い合う心がお正月にはあります。

コロナ禍中だからこそ、離れ合っている今こそ、気付く「絆」があります。

今年は、そんな「絆」を胸に、禍や悲しみを乗り越えて

明るく希望に満ちた一年にいたしましょう。


前置きはさておき、今回もまたまた「小さな喜び」

お正月の特別メニューをご紹介いたします。


DSCN1202.JPG

お一人様用の料理です〜

DSCN1203.JPG
お花型の

あと、忘れてはいけない伊達巻さん
datemakisan.jpg
とてもおいしくておなか一杯になりました。


それではまたお会いいたしましょう


posted by 石屋川 at 14:22| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。